授業・コース

ホーム授業・コース資格取得

資格取得

取得にチャレンジ!社会に羽ばたくためのライセンス。

英語検定

英語検定|合格証書

英語力は世界に羽ばたくためのパスポート。
実用(STEP)英検・全商英検・国連英検、
さまざまな英語検定の受験を奨励しています。
英語力のレベルチェックと家庭学習の動機付けのひとつとして、各種英語検定の受験を奨励しています。実用(STEP)英検を普通科1・2年生全員に受験させており、卒業までに特進コースは2級、文理コースは準2級取得を目標にしています。また、商業科1・2年生は全員、全商英検を受験し1級取得を目指します。学習計画を組み立て、最終的には検定取得にとどまらずセンター試験や私大一般入試受験にまでつなげてゆきます。もちろん検定試験前には対策講習や二次面接試験の練習も行なわれます。さらに、希望者は国連公用語英語検定(国連英検)にもチャレンジすることができます。実用英検についで知名度が高く、英語力の証明として信頼を寄せられている検定です。翔陵では、これらの検定すべてを団体受験実施校として学校で受験することができます。英語学習を基礎から着実に指導しており、生徒は少しずつ受験級のハードルを越えながら教養としての英語力と自信を身に付けてゆきます。

スコア型英語検定

TOEIC Bridge|合格証書

コミュニケーション能力を測る、注目の試験。
社会で幅広く活用されている試験を、
時代の要請に応えて受験させています。
級別に合否を判定するのではなく、全員が同じ問題を解いてその得点で英語力を測る試験がスコア型英語検定です。翔陵では2種類のスコア型英語検定を校内で受験できる機会が設けられています。現在約60ヵ国で実施され、国内でも数多くの企業や学校などで活用されているTOEICの初級者向けテストTOEIC Bridgeは、特進コースの生徒全員と文理コース、商業科の希望者が年2回受験しています。企業の社員研修や採用試験で広く利用されているGTECの高校生向けテストGTEC for Studentsは希望者が受験できます。いずれの試験も全国で多くの高校生が受験しており、広い視野で自分の英語力レベルをチェックすることができます。また、ハイスコアの得点者に対する入試優遇制度としてこれらを採用している大学も数多くあります。

※ TOEIC、TOEIC Bridge は、ETS(Educational Testing Service)の登録商標です。

漢字検定

漢字検定|合格証書

全国で400校余の大学・短期大学が、入試時に優遇・評価をしてくれる『漢字検定』。
もちろん、就職時にも…。
最近では高校入試の時に考慮してくれる学校もあります。翔陵では現在、準会場校になっていて毎回多くの生徒が受験しています。また、国語科では授業時に小テストを実施し、漢字に対する意欲を高めています。日本人である以上「漢字」と縁を切る事はできません。「読み、書き」にとどまらず、幅広い知識を身につけましょう!

情報関係

情報関係|合格証書

IT時代の今、時代が求める資格。
情報処理検定は、表計算ソフトを使用した実技試験と通信・ネットワークといった最新の内容を含んだ、コンピュータを利用する上で必要な知識を問う筆記試験を行う〈ビジネス情報部門〉とコンピュータに関するソフト・ハード面の知識と、流れ図やプログラムなどの論理的思考力を問う〈プログラミング部門〉があります。IT時代の今、まさに必須資格です。大学の情報学部への近道にもなります。200台以上のコンピュータで校内LANを構成し国家試験の合格者も輩出する翔陵で学んでみませんか。

簿記検定

簿記検定|合格証書

在学中に日商・全商・全経の簿記の資格が取れる翔陵。
簿記の学習を通じて家庭学習の習慣が身につきます。
中央・専修・拓殖・帝京など簿記で一般受験できる大学があります。もちろん簿記でセンター試験も受験できます。簿記検定資格取得者は推薦入試でも優遇され、一般入試でも多数合格者を輩出しています。簿記検定の資格は普通科文理コース(文系)・商業科を問わず、誰でも取得できる資格です。特に日商1級・全経上級の資格は税理士・公認会計士の基礎資格となっています。さあ、知識の風を受け、こころざし高く舞い上がりましょう!

商業経済検定

商業経済検定|合格証書

世の中の仕組みは「経済」を知る事でかなりわかってきます。
商業経済検定は、経済から世の中の仕組みを解明するという大きなテーマに挑んでいきます。科目ごとに級が設定されており、ビジネス基礎に合格すると3級。マーケティング・経済活動と法・ビジネス経済A・ビジネス経済Bのいずれかの科目に合格すると2級。2級科目に2科目合格すると1級です。この検定に合格すると、日本商工会議所の行う販売士検定の科目免除も受けられます。未来に活躍するビジネスマンをめざして頑張ってみましょう。

電卓検定

電卓検定|合格証書

全商・全経・日本電卓検定協会主催の電卓検定が年12回行われ、検定合格をめざし取り組んでいます。
IT化が進んでも、人間の計算能力が低下しては意味がありません。翔陵は電卓の正しい使い方からていねいに指導します。授業中は、電卓をたたく音が廊下にまで聞こえてくるほど集中し、検定試験前はさらに集中度UP! 段位合格者も毎年おり、段位の取得者は電卓大会にも出場しています。

ビジネス文書検定

ビジネス文書|合格証書

ビジネス文書は現代の必須科目です。
ビジネスの場において、ビジネス文書を作成することは重要となっています。Wordの多彩な機能を把握し、完全に自分のものとして使いこなしていくために検定試験では、機械・機械操作、文書の作成・種類・管理、漢字・語句に関する筆記試験と速度と文書作成の実技試験が行われます。
ちなみに1級は10分間で700文字の正確な入力が要求されます。

page top

ホーム   藤沢翔陵とは   授業・コース   進路について   スクールライフ   入試情報   交通アクセス   いじめ防止基本方針   県私立高校学費補助金   プライバシーポリシー