進路について

ホーム進路について進路指導体制

進路指導体制

 翔陵の進路指導は、担任と進路指導部との強い連携で行われています。毎日の授業はもちろんのこと、放課後や土曜日、夏期に行われる講習で着実に実力を養成していきます。きめこまかく到達度をチェックし、それぞれの抱える弱点を補強しながら少しずつハードルを越えさせてゆき、希望の実現に立ち向かう力を付けさせてゆきます。
 ひとりひとりの希望を大切に、それぞれの進路目標の実現に向けてきめこまかく指導します。卒業時における進路の未決定率の低さが、翔陵の進路指導の成果です。

大学

AO入試、指定校推薦、公募制推薦、センター入試、一般入試…。各大学・学部の入試制度は年々様変わりしています。進路指導部では最新情報をキャッチし、生徒ひとりひとりの個性を大切に、丁寧に進路指導にあたってゆきます。
昨今は、高校生活で学力をつちかい、将来の希望や大学で学ぶ意欲を明確にして大学と面談するAO入試で合格する生徒が増えています。また、学習活動・部活動・スクールイベントなど多くの経験を重ねて生徒を成長させる翔陵の教育を信頼する大学から指定校推薦も多くいただいており、日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学・神奈川大学をはじめ、その数は約100大学にものぼります。もちろん、従来どおり学科試験一本で大学進学を目指す翔陵生も特進コースの生徒を中心に健在です。

専門学校

“あえて専門学校へ。”―専門学校を選ぶ翔陵生に強い傾向です。大学に進学する成績も実力も十分に備えている。しかし不透明な時代、「スキルを磨き、プロフェッションを高めること」こそがこのような時代を乗り切るカギであると考える翔陵生が増えています。高校で学んだ基礎の上に立ち、さらに専門学校で公認会計士や税理士、建築士、自動車整備士といった職業に直接結びついた資格を取得し、自分の腕でたくましく成功したいと真剣に考える生徒たちは、あえて“厳しく指導する”と定評のある専門学校への進学を希望しています。

就職

歴史と伝統に支えられ、各界にOBがいることが大きな強みとなっています。就職指導係のベテランスタッフが会社研究から採用試験合格まで、生徒に寄り添い、親身に指導します。卒業前には労働基準法・労災法など社会人として必要とされる基礎知識を身に付けさせるための講座も実施します。毎年翔陵を信頼するたくさんの企業から、翔陵生を求める求人をいただいております。

page top

ホーム   藤沢翔陵とは   授業・コース   進路について   スクールライフ   入試情報   交通アクセス   いじめ防止基本方針   県私立高校学費補助金   プライバシーポリシー