教師が、生徒と向き合いながら生徒の夢を共に育み、失敗を恐れず何度でも繰り返し、共に成長する日々。お互いが、そのほんの一瞬を大切に思いながら、過ごす学校生活。『信と勇と』は本校ならではの日常なのである。


 
 
卒業生から 未来の藤沢翔陵高校生になるあなたへメッセージです。
  
 

地歴・交通研究部 「全国高等学校鉄道模型コンテスト」 出展
 
地歴・交通研究部では,8月5日(土)・6日(日)に東京ビックサイトで開催される「全国高等学校鉄道模型コンテスト」に出展しました。

 

この動画は,コンテストに出すジオラマの1分間動画です。
私たちが作ったジオラマのモデル地名は,上越線土樽駅です。誰一人ジオラマを作ったこともなく,知識もなければ技術もないメンバーで,いかに土樽駅らしい雰囲気を作り出せるかという点に力を入れて制作しました。
バラストを撒く際に,ボンド水に洗剤を入れ忘れ大洪水になってしまったりなど知識不足の苦労が多くありましたが,旧副本線の上にあるホームや,独特な跨線橋の表現などはキットを改造して制作するなど地味にこだわっている点もあります。そんな「初心者のこだわり」をぜひご覧ください。

翔陵祭 + Lafayette presents "SCHOOL JACK"
  SHARE SCHOOL LIFE Vol.1
翔陵祭’2016 “We Were a Movie Star!”

第63回翔陵祭
心ひとつにShoryo Power !
創立85周年記念

 藤沢翔陵高等学校
『信と勇と』
x
LAFAYETTE
"KEEP IT REAL"

多様性が求められる時代への変革期に学校と地域企業が連携し、Art、Sports、Musicを織り交ぜ、従来の良きカタチと現在の良きカタチをコラボレーションさせ、新しいカタチの文化祭が実現しました。
今回の翔陵祭では、『~心ひとつにShoryo Power!~』をテーマに、地元の素晴らしきArtistとともに、参加したすべての人が、心をひとつに本物のリアルを体感した2日間でありました。
この動画をご覧になって、翔陵高校でのスクールライフを体験してみてください。
 

 【翔陵祭後記】 

藤沢翔陵高校の校訓「信と勇と」と地元藤沢発祥ブランドLAFAYETTEのコンセプト「KEEP IT REAL」から生まれた卵から、ヒナが孵りました。これから成長し、大空に翔ばたこうとしています。この先、多くの困難が待ち受けているでしょう。しかし、チャレンジ精神を忘れず、困難を乗り越え、新しいものを創り、発信し続けていきたいと思っています。
今後のSHORYO MAGAZINEにも期待してください。
 

  • 「信と勇と」・・・信じた道に向かい、勇気を持ち行動すること。
  • 「KEEP IT REAL」・・・信念をつらぬいて、自分自身を持ち続けること。

ALL Supported by Lafayette 
 
APG and BASKETBALL SHOWCASE Played by Ballaholic, MC MAMUSHI and DJ CREW 
 
MUSIC SHOWCASE Performed by 翔陵祭SPECIAL BAND[ SATOSHI(山嵐), i-Watch(Home Grown), Sleepy Kenta(Stoned Rockers) ], SUPERSONICS [ TARO SOUL, DJ 威蔵 ] and COMA-CHI 
 
DANCE SHOWCASE Performed and Organized by YELLOWBLACK DANCE STUDIO[ TAKESABURO, KoRo, TECCHY, Dig Kidz ], DJ RUSTY, and 翔陵ダンサーズ!
 
SILK SCREEN WORK SHOP Held by TURTLE echoes inc. 
 
PAINTING LIVE by NOVOL 
 
SOUND by 善行Z
 
MOVIE Shot by KODONA VISION


  山岳部アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ山登頂!
この夏休み、山岳部がアフリカタンザニアのキリマンジャロ山(5895m)に登頂した。

メンバーは、相澤明徳(3年D組)OBの和田吉樹(東海大3年)顧問の谷口浩平、谷口天祥、知野広征の5名。
 日本を8月13日に出発しタンザニアに入国、まず高所順応トレーニングを兼ねてメルー山(4565m)に2泊3日で登頂。1日の休養日をはさみ6泊7日でマチャメルートにてキリマンジャロ山に登頂した。マチャメルートはテント泊で隊員5名に対しガイド・コック・ポーター達22名がスタッフとして加わる。一行はガイド3名とともに25日0時に4600mのバラフキャンプから登りはじめ、6時頃夜明けとともに最高峰のウフルピークに立った。
 現役部員の相澤は、初めての海外がこのキリマンジャロ登山。高校一年の終わり頃から、ずっと顧問にキリマンジャロに登りたいとアピールし続け、遂にその夢を果たした。遠征前は、山岳部の夏山合宿に加えて海外遠征のための準備やトレーニングと忙しい日々を送った。
 この遠征で相澤がつかんだものは、夢に向かって行動を起こすこと、つまり信念に向かって勇気を持って突き進めば、必ず得られるものがあるということ。まさに翔陵スピリットの「信と勇と」を身をもって具現したことになる。
 自分自身の可能性を信じて努力する。その結果つかんだ経験をさらに自身の成長につなげる。可能性は無限にある。
 待ってるぜ! 翔陵高校山岳部へ。
 

顧問  谷口 浩平

 平成28年度 神奈川県高等学校野球春季大会 ベスト4

 平成28年度 入学式